地震や津波の被害は大都市ほど大きくなります。
よって、東京や大阪などの大都市に住む方は、常に最新のハザードマップを用意しておくことが好ましいでしょう。
あまり神経質になってはいけませんが、かと言ってのんびり構えておくのもナンセンスです。
自然災害というのは、いつ発生するかわかりませんからね。
正しく最新の(信頼性に富む)情報でもって、来るべき時のために備えなければなりません。
その際にハザードマップは大きな助けとなるのでぜひとも、手元に置いておきましょう。
前述したように、東京や大阪などの大都市では災害時の被害が大きくなる傾向があります。
また、大都市の場合、生活環境が刻々と変化しているため、その時々に応じた最新のハザードマップを用意する必要があります。
あまりに古いものは、信用性に欠けますからね。
逐一、ホームページなどを確認し、ハザードマップが更新されていないかどうかを確認しておいた方がいいでしょう。
ちなみにですが、ハザードマップの更新頻度に関しては、明確な規定はありません。
よって、そのあたりのことを把握し、各々が逐一更新状況を確認しなければなりません。
何事でもそうですが、最終的には自分自身の日ごろの行いが、結果を左右するのです。

↓くわしく知りたい方、必見↓
東京・大阪のハザードマップ

関連記事

    None Found